小規模宅地等の相続税の課税価格の計算の特例の改正

小規模宅地等の相続税の課税価格の計算の特例の改正(平成27年1月1日~)


①特定居住用宅地等に係る特例の適用対象面積を
現行 240㎡ → 改正案 330㎡に拡大

②特定居住用宅地等と特定事業用宅地等の併用適用が可能になります。
従来、小規模宅地等の特例については特定居住用宅地等と特定事業用宅地等の両方がある場合
 面積調整が行われ実質どちらかの限度面積まで適用はありませんでしたが、それぞれの限度面積
 まで併用して適用できるようになります。これも平成27年1月1日からの予定です。










289_8.gif

  • 最終更新:2013-08-12 14:28:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード