物納

相続で取得した財産のうち、土地や建物など換金が難しいものが大部分で、一時に金銭で納付することはもちろん、延納の方法を用いてもなお納付できない相続税額が残ってしまう、ということがある。このような時、税務署長の許可を得て、有価証券や不動産の現物をもって相続税を納付する制度が物納制度。


は行に戻る







289_8.gif

  • 最終更新:2013-08-12 14:46:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード