相続税がかからない財産

相続税がかからない財産

相続財産の中には、性質、国民感情、社会政策的などの面から、相続税をかけるのは不適当とされるものがあります。
これらを相続税の非課税財産と言います。

非課税財産には以下のものがあります。

  • 墓地、墓石、仏壇、仏具、神棚、香典
  • 国、地方公共団体、特定の公益法人に寄付した財産
  • 生命保険金の、「500万円×法定相続人の数」
  • 死亡退職金(功労金)の、「500万円×法定相続人の数」
  • 公共事業を行う者もらった財産で、その公共事業に使われることが確実な財産
  • 業務上の死亡で支給された弔慰金(死亡当時の月々の給料の3年分まで)
  • 業務外の死亡で支給された弔慰金(死亡当時の月々の給料の半年分まで)

相続人以外が受け取った死亡保険金は適用外です。







289_8.gif

  • 最終更新:2017-03-27 08:42:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード