相続税とは

相続税とは

相続税とは、人が亡くなったとき、その人の財産(遺産)は家族、または遺言で指定された人に分配されるのが一般的です。相続税は、その分配された財産にかかる税金です。
相続税は、遺産から葬式にかかった費用、非課税となる財産、借入金などの債務を差し引いた額をもとに計算されます。

亡くなった方を被相続人と呼び、相続によって財産を取得した人を相続人と呼びます。取得した財産が一定額以下であれば、相続税はかからず、申告の必要はありません。



相続税の申告と納税時期

相続税の申告と納税は、相続の開始があったことを知った日(通常は、亡くなった日)の翌日から10ヶ月以内に、亡くなった方の亡くなった当時の住所地の税務署に対して行わなければなりません。

申告の期限までに申告しなかった場合には、本来の税金以外に加算税がかかりますし、期限までに納めなかった場合には、利息に当たる延滞税がかかりますので注意が必要です。






289_8.gif


























  • 最終更新:2014-10-03 18:34:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード