相続税計算の流れ

相続税計算の流れ



1.課税価格の計算


遺産総額に生命保険金等を加え、非課税財産や借入金などの債務、葬式費用を引き、3年以内に贈与された金額等を加えます。


課税価格(A) = 本来の相続財産 + みなし相続財産 - 非課税財産 - 債務・葬式費用 + 3年以内の贈与財産 + 相続時生産課税制度的養分



2.課税遺産総額の計算


正味の財産額から基礎控除額を差し引きます。


課税遺産総額(B) = 課税価格(A) - 遺産に係る基礎控除額 5千万円+1千万円×法定相続人の数 (改正前)

課税遺産総額(B) = 課税価格(A) - 遺産に係る基礎控除額 3千万円+6百万円×法定相続人の数 (改正後)



3.相続税の総額の計算


課税遺産総額を法定相続分どうりに分けたものとして、相続税の速算表を用いて法定相続分に対する税額を計算します。

相続税の総額(C) = 課税遺産総額(B) × 法定相続分 × 税率 - 速算表の控除額



4.各相続人等の相続税の計算


相続税の総額を各相続人が実際に相続した割合に応じて按分します。

各人の算出税額(D) = 相続税の総額(C) × 各人の課税価格 ÷ 課税価格の合計額(A)



5.税額控除・課税加算の計算


相続人以外が取得した人に対し2割加算や、各相続人が該当する税額控除を計算します。

税額控除課税加算(E) ① 2割加算
② 贈与税額控除・配偶者の税額軽減・未成年者控除
  障害者控除・相次相続控除・外国税額控除
③ 相続時精算課税制度に係る贈与税額控除



6.相続税の納付税額の計算


各人の算出税額から2割加算や該当する税額控除額を控除し、実際に納付する相続税額を決定します。

各相続人の納付税額 = 各人の算出税額



相続税の速算表

税額=法定相続分に応じた取得価格×税率-控除額
法定相続分に応じた取得額 税率 控除額
 - 1000万円以下 10% なし
1000万円超 3000万円以下 15% 50万円
3000万円超 5000万円以下 20% 200万円
5000万円超 1億円以下 30% 700万円
1億円超 3億円以下 40% 1700万円
3億円超  - 50% 4700万円





289_8.gif

  • 最終更新:2013-08-12 14:31:34

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード