贈与税が設けられた理由

もしも相続財産を生前に贈与した場合、相続税がかからず、これを許してしまえば相続税の存在意味がなくなってしまいます。そこで、相続税を補完する形で設けられたのが贈与税なのです。だから、贈与税は相続税法に規定されています。 そのため、贈与税は相続税よりも税率が高く設定され、負担額が大きくなっていることが最大の特徴です。 また法人から財産を贈与された場合は、贈与税ではなく「一時所得」となり、「所得税・住民税(道府県民税+市町村民税)」の 対象となります。









289_8.gif

  • 最終更新:2013-08-12 14:24:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード