遺留分の具体例

yuigon2.jpg

これは、被相続人☆がその遺産をすべて第三者である愛人に遺贈してしまったといった事例です。  

この場合、本来であれば遺産を相続するはずであった、配偶者(1)と子(2、3)は、愛人に対して遺留分の減殺請求をすることができます。 直系尊属のみが相続人である場合ではありませんので、配偶者(1)と子(2、3)の遺留分は遺産の2分の1です。  

よって、遺留分減殺請求があった場合、この2分の1の範囲で愛人に対する遺贈は効力を失うことになります。

そして配偶者(1)と子(2、3)のそれぞれの具体的な遺留分は、 全体の遺留分に、本来の法定相続分を乗じたものとなります。  結果として、配偶者(1)が8分の2、子(2、3)がそれぞれ8分の1づつ、 遺留分を主張できることとなります。

 * 当事例は分かり易く簡略化したものです。  遺留分算定の基礎となる遺産価額の確定は複雑ですので、詳しくは専門家に相談しましょう。









289_8.gif

  • 最終更新:2013-08-15 12:50:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード