遺言とは

 遺言は、法定相続を遺言者の意思によって変更するものであり、遺言者が残した相続財産の処分を、遺言者自身の最終の意思表示に委ねるものです。
 このように、遺言によってその家庭の実情にあった 相続財産の分配が行われることが期待されるところに、遺言制度の存在する意義があるといえます。むしろ、相続は遺言によってされることが望ましく、法定相続は補充的なものにすぎないともいえるでしょう。







289_8.gif



  • 最終更新:2013-08-12 16:57:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード