遺言の撤回

遺言者は生存中、いつでも、遺言の方式に従って、自由に遺言の全部または一部を撤回することができます。  いったん遺言書を作成した後で、気持ちが変わったりしたら、遺言を取り消したり変更したりすることができるのです。

 遺言の撤回の方法は、自筆証書遺言の場合と、公正証書遺言の場合で少し異なります。

 自筆証書遺言の場合には、遺言書を破棄すれば、遺言を撤回したことになります。  また、「前の遺言を撤回する」旨の新たな遺言書を作成しても、前に作成された遺言は撤回されます。  前の遺言の一部だけを撤回する旨の新しい遺言書を作成することもできます。  前の遺言を撤回する新たな遺言書を作成するほかに、前の遺言が新たな遺言と抵触する場合 (例えば、前の遺言では、不動産を長男に相続させるとしていたが、新たな遺言では次男に相続させるとしている場合) には、その抵触する部分に限り遺言を撤回したとみなされます。  また、生前に前の遺言と抵触する行為をした場合(例えば、不動産を長男に相続させると遺言したが、 その後に第三者に売却した場合)にも、生前行為と抵触する部分に限り、遺言を撤回したものとみなされます。

 公正証書遺言の場合には、遺言者が持っている公正証書遺言を破棄しても、 原本が公証役場に保管されているため、遺言を撤回したことにはなりません。  公正証書遺言を撤回するには、新たな遺言を作成して、前の遺言を撤回する必要があります。  この場合、前の公正証書遺言を撤回するための新たな遺言は自筆証書遺言・公正証書遺言のどちらでも構いませんが、 なるべく公正証書遺言で撤回するようにしましょう。 自筆証書遺言では死後に遺言書が発見されなかったりといった危険性があります。  なお、自筆証書遺言と同じように、前の遺言と抵触する新たな遺言をしたり、 前の遺言と抵触する生前行為をした場合にも、抵触する部分に限り前の遺言は撤回されたものとみなされます。









289_8.gif

  • 最終更新:2013-08-12 17:17:04

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード