相次相続控除

相続により財産を取得した人が相続税を払い(第1次相続)、その後10年以内に第1次相続人が死亡してさらに相続が開始し(第2次相続)、その第2次相続人が相続によって財産を取得した場合、最初の相続から次の相続までの期間に応じて、一定の相続税が控除されている。


さ行に戻る






289_8.gif

  • 最終更新:2013-08-12 14:40:57

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード