相続税

相続税とは、人が亡くなったとき、その人の財産(遺産)は家族、または遺言で指定された人に分配されるのが一般的です。相続税は、その分配された財産にかかる税金。
相続税は、遺産から葬式にかかった費用、非課税となる財産、借入金などの債務を差し引いた額をもとに計算される。

亡くなった方を被相続人と呼び、相続によって財産を取得した人を相続人と呼ぶ。取得した財産が一定額以下であれば、相続税はかからず、申告の必要はない。


さ行に戻る






289_8.gif


  • 最終更新:2013-08-12 14:41:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード